NEWS

news181121_shigeyuki_01.jpg

SHIGEYUKI NEMOTO 根本茂行
PRESS
 
 
恵比寿南に位置するContinuer。この日も多くの人がアイウェアを手にしていた。メガネ、サングラスを中心に取り扱うセレクトショップであり、その他にも一部アパレルアイテムも置かれている。落ち着いた照明が灯るサロン的な空間だ。この日撮影したのは本店の隣に佇むContinuer Extra Space。イベントスペース兼ショップとしてアイウェアの他、腕時計も並べられている。ここでショップスタッフと会話を楽しむこともできる、よりパーソナルなスペースだ。今回出演してもらうのはPRESSの根本茂行氏。まずはお店について教えてもらう。
 
「私たちはアイウェアをコミュニケーションツールとしても捉えていて、同じような趣味やカルチャー感を持った人がお店に集まり、何か面白いことを発信していこうという発想があります。アイウェアを中心にアパレルや音楽など、その周辺カルチャーを表現していきたいという考えが根底にあるんですよ。Continuer Extra Spaceには腕時計も置いていますが、そもそもメガネと腕時計というと親和性もいですからね。日本特有である兼業店のスタイルを東京でモダンなスタイルでやろうという話をもとに、 2 年前にスタートしたんですよ。専門的な分野に特化したトラッドなムードがありつつも新たな価値観も提案できるような。そんな実験的なスペースでもあるんです」
 
さて、この撮影で根本さんのスタイリングに取り入れてもらったのは<J.PRESS>のセットアップ。
 
「どちらかというとリアルタイムでトラッドなファッションを体験した世代ではないので、どう着崩すかがポイントになってきますね。いっそ思いっきりハズしを入れてみてもいいかな、と。今回のセットアップはパンツがスリムシルエットなので、逆にボリューミーなスニーカーを合わせてシルエットに表情をつけています」
 
横須賀出身という根本さんはファッションのベースとなる考え方にアメカジの文化がある。その精神性がJ.PRESSのプロダクトとマッチしたのだ。
 
 
 
 
SHOP INFORMATION
Continuer Extra Space
東京都渋谷区恵比寿南 2-9-2 カルム恵比寿1F
https://www.continuer.jp/
 
 
news181121_shigeyuki_02.jpg

news181121_keisuke_01.jpg

KEISUKE FUJITA 藤田佳祐
STORE MANAGER
 
 
新宿の歓楽街を抜けた雑居ビルの1階に位置するセレクトショップ、THE FOUR-EYED。オープンは2016年の秋。アーティストやスタイリストが足を運ぶスポットであり、ファッションという文化が今、どのような在り様であるのかを肌で知ることができる。ただの服屋というより、世界中の新たなアパレルの見本市のような雰囲気がある。
 
同ショップのオーナー、藤田佳祐氏はスナップカメラマンをやっていた経歴もあり、エディットやスタイリングも行うクリエイターだ。
 
「僕は日々、自分自身のスタイリングや他人のファッションをコーディネートするうえで、どんなに着崩しても上品であることを心がけているんですよ。そう言った意味で<J.PRESS>の服は、トラッドなイメージが根底にあるので、気品さを持たせたスタイリングを作れる重要な要素になりますね」
 
本日はJ.PRESSのジャケットに、股上の深いスラックス、キャップを合わせたコーディネートを体現してもらった。「スタンダードを踏まえたうえで、それをどう着崩して自分らしく表現するか」がこの日のポイント。日頃、着こなしを提案する際に、自然なことと不自然なことを共存させ表裏一体となっているような引っかかりを作ることを考えるという、藤田氏ならではのスタイルだ。
 
 
 
 
SHOP INFORMATION
THE FOUR-EYED
東京都新宿区歌舞伎町 2-8-2 パレドール歌舞伎町1F
http://thefoureyed.net/
 
 
 

news181121_enna_01.jpg

ENNA YAMASHIRO 山代エンナ
ILLUSTRATOR
 
 
イラストレーターとして数々の音楽アーティストのアートワークを手掛ける山代エンナ氏。例えば、ストレイテナーやtricot、downy、toeなど、彼女のワークアーカイブには錚々たるバンド名を並んでいる。現在は朝日放送『朝だ!生です旅サラダ』2018年旅サラダガールとして海外の旅を担当していることもあり、TVで彼女の姿を見たことがある人も多いのではないだろうか。
 
今回は<J.PRESS>の新作ダッフルコートとストールを着用。ウエアのオーバーサイズ感も相俟って、現代的なシルエットが構築された。「今でこそ色々なファッションを楽しむようになりました。その時々の気分で着る服も変わってくるタイプなんですが、それは自分が描く絵に通じているのかもしれません。モノクロタッチで作品を描いている時は服装も黒が多くなったり、去年辺りからカラーで絵を描くのがテーマの 1つとしてあるので、今は自然とカラフルな服装を好むようになってきていて。色はとても大事ですね」と自身のファッション感について語る。
 
「クリエイティブな要素をファッションから感じることで刺激になる」という山代エンナ氏。現代の東京にマッチするスタイルでJ.PRESSのプロダクトを着こなしてくれた。
 
 
 
 
 
PROFILE
山代エンナ
イラストレーターとして活躍する傍ら、朝日放送『朝だ!生です旅サラダ』にて海外の旅のイラストとリポーターを担当。
http://enna0111.web.fc2.com/
 
 
 

news181121_daisuke_01.jpg

DAISUKE EGUCHI 江口大介
STORE MANAGER
 
 
ここにしかないヴィンテージ時計を求めて足を運ぶ人も多い吉祥寺の江口洋品店・江口時計店。アパレルに関してはメゾンブランド、エルメス、シャネル、バーバリーなどヨーロッパのヴィンテージが置かれている。静謐な店内には普通の古着屋では見ることのできない“本物”の時計や洋服たちが並んでいた。
 
ここでは店長の江口大介氏に<J.PRESS>のセットアップを着こなしてもらう。江口洋品店・江口時計店は店舗を構えて3年ほどのショップであるが、そもそも店を始めた理由は「ヴィンテージウォッチが好きだけど、どこで購入していいかわからない、アフターメンテナンスに不安があった」というのがキッカケだった。そして「同じくヴィンテージウォッチを好む人たちに向けて、ファッションと絡めた形で時計を提案できたらいいな、と考えるようになったんです。特にカルティエの時計などですね」
 
ショーケースにはカルティエのヴィンテージウォッチが数多く置かれており、お店の奥では工房が設けられ、そこでリペアも行なっているそうだ。
 
江口氏とJ.PRESSの関係は長く「父親がJ.PRESSなどアメリカントラッドを常に着ている人で、私も小さい頃から着させてもらっていたんですよ」のだそう。Tシャツにさっと羽織るような着こなしにはカジュアルさと上品さが同居している。
 
「今日のセットアップの程よい大きさのサイズ感が洒落ていますね。現代の時代感にマッチしていると感じます」
 
江口氏のファッション感の根底にあるのはバイカー系のファッション、つまりアメカジのスタンダードだそう。その延長線にある存在としてアメトラを捉えているからこそ江口氏の着こなしが映える。
 
「今でも紺ブレなど定番の洋服が好きで、機会があればジャケットもよく着ています」
 
紳士として本当に良い洋服や時計を身につけたいと考える人に向けたアイテムが揃うショップとJ.PRESSの洋服には互いに通じ合うアティチュードがあるのかもしれない。
 
 
 
 
SHOP INFORMATION
江口洋品店・江口時計店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-34-11 本橋ビル1F
https://eguchi-store.jp/
 
 
 

news181121_toshimi_01.jpg

TOSHIMI WATANABE 渡辺俊美
MUSICIAN
 
 
渡辺俊美氏のスタイルと言えばジャケットにハットにアイウェアを連想させるが、やはり<J.PRESS>の新作もさながら長年着てきた私服のようにマッチした。
 
「J.PRESSは、私の中ではアメリカとイギリスの中間辺り、それを、少し日本寄りにしたイメージがありますね。18歳の頃、東京に出てきて最初に買ったシャツがJ.PRESSのダンガリーシャツでした。正装として着るのではなく普段からカジュアルに着たくて。ファッションに目覚め始めた頃からJ.PRESSが私の周りにいたんですよ。今でもアメリカントラッドの代表ブランドとして、その定番を着崩すという考えで捉えていますね」
 
では、今体現したいファッションとは何か。
 
「時代とは全然そぐわないけど、自分が1番好きなのは40'sの洋服なんですよ。でも自分の周りの風景とは程遠い感じもするので、なかなか難しい気がしますけどね。最近はきちんとトラッドなものを着こなしたくて、1つずつまた探し集めているところです。例えば子供の授業参観なんかにはビシっと決めていきたいと思いますよ。お父さんというより、カッコいいおじいちゃんだと思われるようになりたい、それが目標ですね」
 
そんな渡辺氏は今、自身が所属するバンド、TOKYO No.1 SOUL SETの制作期間にある。
 
「リリースするのはまだ先なんですが、すでに衣装をどうするかを考えているんですよ。紺ブレにホワイトジーンズ、カンカン帽だったり。スタイル・カウンシルみたいな感じを連想していて。そこにバンドのエンブレムを刺繍してカスタムしたいな、なんて考えているんですよ。服からも音楽が出るものですからね。古き良き、不良オジさんが聴いていた音楽をやりたいな、と」
 
この日、撮影したのは渡辺氏が通う美容室、LUZ HAIR。FMおだわらの流れているラジオ番組「渡辺俊美のINTER PLAY」はここで毎週木曜日に生放送で発信されている。機会があったらLUZ HAIRで髪を切ってもらうのもいいかも。
 
 
PROFILE
渡辺俊美
TOKYO No.1 SOUL SET、THE ZOOT16、ソロ。ラジオ番組「渡辺俊美のINTER PLAY」は毎週木曜日の19時~20時にFMおだわらで放送中。
http://www.watanabetoshimi.com/
 
SHOP INFORMATION
LUZ HAIR
神奈川県小田原市新屋143-11
 
 
news181121_toshimi_02.jpg
 
 

news_181102_01.jpg

TITLE DUFFLE COAT TRIAL CAMPAIGN
DATE 2018.11.3 (Sat.) - 2018.12.2 (Sun.)
 
<J.PRESS>が誇る冬アウターの定番、ダッフルコート。
ダブルフェイスのメルトンを使用した高級感ある佇まい。
クラシックな一着ながらデイリーユースに嬉しい軽さも魅力。
 
期間中にダッフルコートをお買い上げいただいたお客様には、
先着でJ.PRESSオリジナルカレンダーと交換できるチケットを差し上げます。
 
※チケットの引き換えは2018年12月1日~12月25日を予定しています。
※カレンダーには数に限りがございますので予めご了承ください。
 
また、こちらの商品は公式オンラインストアでも販売中。
※公式オンラインストアでのカレンダープレゼントキャンペーンは12月上旬実施予定です。
※詳細は当サイト及び公式オンラインストアにて後日配信いたします。
 
一生モノとなる一着、是非J.PRESSでお求めください。
 
 
※詳細は各店舗までお問い合わせください。